非定型うつ病について

非定型うつ病とは通常のうつ病とは若干異なるものであります。

通常のうつ病の症状としては夜寝れない、食欲不振、気分が晴れないなどに対して非定型うつ病は寝すぎてしまう、過食、気分が晴れるなどの症状がある。

こういった理由から非定型うつ病と呼ばれるのであろう。

しかし人間関係などで落ち込むと日常生活に支障をきたすほどになってしまいます。

治療法はうつ病と同じでカウンセリングや薬物治療になります。

タグ

このページの先頭へ