仮面うつ病とは

仮面うつ病という言葉を耳にする事がありますがどういった症状なのでしょうか。

簡単にいうと軽症のうつ病でしょう。

うつ病の初期段階では疲労倦怠、頭痛、肩凝り、不眠、めまい、肩こり、食欲不振などの身体的症状が現れることがあります。

精神的には割と正常であることから初期症状からは判別しにくいため「仮面」という言葉を用いているのではないでしょうか。

しかしこの仮面うつ病をそのままにしストレスを浴び続ける事は病気の悪化にもなりますのでストレスを回避するか精神科の受診をうけるなどして対処をしましょう。

タグ

このページの先頭へ