うつ病 電話相談

悩みを誰かに打ち明けるという事は勇気がいることかもしれません。

しかし人に話すと気持ちが楽になるという事は昔から言われています。

試してみるのも良いかもしれません。

相談は無料で行っています。

いのちの電話(一般社団法人 日本いのちの電話連盟加盟センター)

電話内容

    ・気分が沈んで意欲がわかない。
    ・些細なことでイライラして怒りやすくなったり、緊張しやすくなる。
    ・酒の量が増え、酔ったときにくどくなる。
    ・食べ過ぎることが多くなったり刺激物が欲しくなる。
    ・食欲が低下する。
    ・仕事の能率が悪くなる。
    ・職場で人を避けるようになったり、挨拶ができなくなる。

■ 勤労者心の電話相談(相談無料)

電話内容:    
・気分が沈んで意欲がわかない。
・些細なことでイライラして怒りやすくなったり、緊張しやすくなる。
・酒の量が増え、酔ったときにくどくなる。
・食べ過ぎることが多くなったり刺激物が欲しくなる。
・食欲が低下する。
・仕事の能率が悪くなる。
・職場で人を避けるようになったり、挨拶ができなくなる。

政策統括官共生社会担当

蓮舫(れんほう)内閣府特命担当大臣などからなる組織

心の悩みや相談窓口を紹介しています。

タグ

そううつ病 接し方

そううつ病の接し方は以下のようなことがあります。

そううつ病の方には自分の頑張りが足りない、自分は間違っていると責めてしまうような事は言い方として良くないです。

・プレッシャーを与えない(頑張れなどの励まし)

・否定より肯定するような言い回しをする。

確かにこういった事を考えながらお話するのは大変です。

しかし聞き上手な人や人の相談にのるのが上手な人は相手の言葉を一度肯定しそれから本題に入ります。

そううつ病の人に接するのも同じではないでしょうか。

そう難しくはありません。

相手の気持ちを一度理解しそれからお話ししてはどうでしょうか。

タグ

うつ病 自殺率

日本の自殺率は主要60ヶ国中第6位と高順位に位置しています。

しかし心の病、精神疾患の発病率は世界比較からするとそうでもない順位である。

という事はうつ病自殺率はそう多くない事になる。

また自殺の原因は健康問題、経済・生活問題、家庭問題、勤務問題の順である。

きっかけとして経済や生活問題からうつ病に至り自殺に至るケースとなり結局はうつ病というよりはこの現代不況がきっかけという事が多い。

うつ病自殺率はどうしても関連付けてしまうが「リストカット」などをしてしまう方は死のうとしてしているわけではない。

ほとんどのリストカッターの動機は自らを傷つけることでストレスを解消しようとするためである。

結局自殺する動機はとてつもない挫折を逃れようとする心のダメージでうつ病患者でもそうでない方もそれは変わらない。

ただしうつ状態の場合気持ちが落ち込んでいる。

そういう時は悪い方にどうしても考えてしまうという事は当然ありますよね。

そして皆にあるわけではないが抗うつ薬によるうつ病治療開始直後には、年齢に関わりなく自殺企図の危険が増加する危険性があるとアメリカ食品医薬品局 から警告が発せられているので注意が必要である。

最後に自殺を我慢する事はどんな理由があっても「正しい」。あなたを罰するのはあくまでも他人であることを忘れないでほしい。

タグ

うつ病 回復

うつ病は一度なると再発する可能性があります。

しかしうつ病は心の風邪と呼ばれています。

風邪は回復します。

ですから回復できるように安静にしひどい時は風邪薬を飲み食事、睡眠をとります。

そして風邪になりやすい体質の人はまた風邪を引かないように食事の栄養を考えたり睡眠を摂り規則正しい生活をします。

うつ病回復も同じです。

うつ病は脳と心の両面の病気です。

心の病気を回復するためには時間がかかりますが脳の病気は行動すれば可能になる事あります。

例えば食事療法などはどうでしょう。

うつ症状ができるのはセロトニンやノルアドレナリンの不足です。

それを補うたんぱく質を摂るのです。

肉や卵などの動物性たんぱく質と豆腐や納豆などの植物性たんぱく質をバランスよくとればセロトニンとノルアドレナリン不足が軽減され医学的に今よりは良くなるでしょう。

また日光を浴びるのはどうでしょう。

日光にはセロトニンの分泌が活発なる作用があります。

そして睡眠ホルモンであるメラトニンというホルモンが出ますので眠りやすくなります。

このようにうつ病回復する方法、今より前へ進める方法が医学的にあります。

心の病気は時間がかかるかもしれませんが脳内が健康に近づけば心の回復も早いのではないでしょうか。

タグ

夫がうつ病

うつ病になり苦労されている方がいると思います。

気持ちが弱いからそうなるのでは?

すぐに悪い方に考えるからそうなるのでは?

なぜもっとシンプルに物事を考えないのか?

そういう風に思った事はありませんか。

そしてそれをにぶつけて前へ進めようとしたことがありませんか。

確かにそういう風に考える事やぶつけてしまうのはしょうがない事かもしれません。

しかしうつ病でないあなたがうつ病にそれを言っても迷路から出ることはないのではないでしょうか。

うつ病は心の病気と言われています。

良く考えたら心がうつ状態のに言ったとしても苦しいと思うだけではないでしょうか。

想像してください。

あなたの親兄弟など大事な人がもしも死んでしまったらあなたはすぐに立ち直れますか。

時間がかかるのではないでしょうか。

家族と言うのは苦しい時に支えるものではないでしょうか。

逃れたいのはも同じです。

前へ進むのはではなくあなたなのかもしれません。

まずうつ病を理解することです。

うつ病は、脳と心の病気と言われています。

脳の病気と言う観点ではセロトニンやノルアドレナリンの不足が原因とされています。

薬物治療をするのはその脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させるためです。

ですから薬物治療をするのですがセロトニンやノルアドレナリンの不足という医学的に分かっている事があるのならおのずとあなたがやるべき事も見えてくるのではないでしょうか。

例えばセロトニンの原料となるのはバナナ、牛乳、大豆製品、サラダ、プレーンヨーグルト、まぐろ、かつお、卵・はちみつなどがあります。

アミノ酸はセロトニン、ノルアドレナリンの原料となる栄養素ですから肉や卵などの動物性たんぱく質と豆腐や納豆などの植物性たんぱく質をバランスよく摂取することがうつ病の食事療法では効果的です。

そして日光の光も効果的だという事をご存知でしょうか。

日中の光や特に朝の光など視覚から入ってきた明るさの情報に反応して脳の覚醒を促すホルモンであるセロトニンの分泌が活発になります。

また太陽の光は睡眠ホルモンであるメラトニンというホルモンが出ます。

メラトニンがでるのは光を浴びてから約14~15時間後に分泌が開始されます。

そして人間はメラトニンがあるから眠れます。

不眠で悩んでいるがいるのなら日光の光を浴びさせるのもひとつですね。

これまでどうしていいかわからないと悩んでいる方はまずはできることから始めてみてはどうでしょうか。

まずは医学的根拠がある事から試してみてはどうでしょう。

最後にどうしてもせっぱ詰まっている人は生活保護などの国からの受給もしくは勤めていた人なら障害年金と言う方法で生活が可能な場合もあります。

金銭的に困難な方は調べてみると良いと思います。

タグ

うつ病 再発

うつ病再発することは人によりあります。

しかし良くなる過程で良くなったり悪くなったりと波を繰り返す事もありますので必要以上に恐怖を感じず継続してゆっくりと治療を続けていきましょう。

うつ病再発する人の理由はいつまでも肩の力を抜かない事が原因です。

・完ぺき主義でなく少しぐらいは間違っても良いのでは。人からどう思われるかなんて問題ではありません。

・掲げている目標は高すぎませんか。あなたを駄目にするプライドはいらないのでは。

・たまには気分転換をしていますか。笑ったり感動したり集中したりできるものはありませんか。

・睡眠を取れていますか?睡眠は体の調子を整えます。

・日光を浴びてますか?一日5分でも日の光を浴びましょう。

再発の原因は発症当時と同じ状況をまたつくり出してしまう事が要因です。

上記の事も踏まえ食生活(セロトニンを助ける納豆、乳製品、バナナ)や自分自身の考え方をもう一度見直すことも大事ですね。

また自分にとって大きなショックを受けることがあり再発する事もありますのでそうならないために日頃から心のバランスを整えておくことも大事ですね。

タグ

季節性うつ病

季節性うつ病とは季節の変わり目などからうつ病に似た症状が出る病気です。

うつ病と同様に男性と比べると女性の発症率は高い。

特徴としては他の季節においては健康な状態でいるという事です。

一般的に冬の始まり、冬の終わりに治るといった方が多いようで別名「冬季うつ病」とも言われている。

倦怠感、気力の低下、過眠、過食などの症状が出る。

夏はまれですが夏に季節性うつ病を発症される方は食欲不信、不眠などが目立ちます。「夏季うつ病」

原因としてははっきりとしてはいませんが日照時間の変化などでメロトニン分泌が遅れたり、セロトニンが減る事により脳に障害が出るという事が考えられています。

しかし季節性うつ病の場合、精神的なストレスなどが原因でないためある意味では原因は、はっきりしている。

そのため夏にあって冬にないものを考えると日照不足という事に原因が考えられ日光浴などで症状は改善する事がある。

また光療法だけで十分な効果が得られない場合、抗うつ薬など薬物を用いられる。

現在では身体を暖かくすること、運動を行うこと有効であるとも考えれています。

タグ

躁うつ病 原因

躁うつ病(そううつびょう)とは気分が躁の状態(ハイ)とうつの状態(ロー)が交互に出る症状です。

双極性障害とも言われています。

さて躁鬱病の原因はなんでしょう。

ストレスによるものだと明確な人もいますが最近ではその人の素質的なもので遺伝子によるものが主な原因であると考えられています。

これを内因性といいます。

しかし治らないわけではありません。

食生活、薬物療法、カウンセリングなどのうつ病患者と同様の治療法で治った方もいます。

また会社や学校などの人間関係などストレスの原因が明確な場合はそれを解決した時に治るひともいます。

まったく原因がわからずそううつ病になったという人も自分では大きなことではない事で急に治ったという人もいます。

原因もそうですが回復も多種多様です。

すべてにいえる事は焦らず急がずゆっくりと治していくことが大事なことではないでしょうか。

タグ

うつ病 保険

うつ病に入れる保険は告知義務などがない保険屋さんもあるので入れますが基本的には病気になって受診されてからでは遅い保険屋さんのほうが多いです。

民間保険も入らずもしもうつ病になってしまったら障害年金や傷病手当金というものがあります。

障害年金は国民年金、厚生年金の被保険者であり労務に服することができないことが要件。

傷病手当金は健康保険の被保険者であり労務に服することができない事が要件。

※障害年金、傷病手当金を両方同時に併用は?
・1日当りの傷病手当金の額が障害厚生年金(同時に障害基礎年金が支給される場合は合算額)の1日当りの額より多い場合は、その差額が支給されます。
・障害手当金の支給を受けたときは、障害手当金の額に達するまで傷病手当金は支給されません。
・同一の傷病により障害基礎年金のみ支給される場合は、傷病手当金は同時に支給されます。
・同一の傷病によらない障害厚生年金と傷病手当金は、同時に受給出来ます。

障害年金は国民年金もしくは厚生年金に入り金銭をちゃんと納めていれば受給できます。

受給方法は会社か管轄の社会保険事務所や市町村で申請します。

受給額はだいたい給与の3分の2程度もらえるはずです。

期間は初診日から1年6ヶ月までです。

傷病手当金も病手当金の金額は、1日につき、標準報酬日額の3分の2に相当する金額が受給できる。

支給期間は、その支給を始めた日から起算して1年6か月が限度。

最後に保険も年金も納めていない人は生活保護を受けるという方法があります。

しかしこれは身寄りがない、資産がないというようにどこにも逃げ道がない人のためのものです。

条件は厳しいですが上記のような方法もできない方で本当に困っているひとであれば相談に行くと良いでしょう。

タグ

うつ病 年金

うつ病になってしまったら生活を助けるための方法があります。

それは障害年金制度というものです。

条件は
◆はじめて診察を受ける時に厚生年金・国民年金の被保険者である方。
◆障害厚生年金の等級が1~3級、障害基礎年金の人は1~2級に当てはまる方。
◆被保険期間中に3分の2以上保険料を納めている方。

※厚生年金の場合、障害厚生年金といい国民年金の場合は障害基礎年金という。

受給額は家族や保険期間により異なります。

申請は
会社かお近くの社会保険事務所(厚生年金)や市町村役場(国民年金)などで行います。

タグ

このページの先頭へ