うつ病の克服

うつ病の克服は

・休養・・・規則正しい生活と気分転換、ストレス解消など。

・適度な運動・・・散歩など有酸素運動のような適度な運動。

・薬物療法・・・薬による療法

・心理療法・・・カウンセラーによる療法

などが代表的です

その他にもたくさんあります

認知行動療法
外界の認識の仕方で、感情や気分をコントロールしようという治療法。抑うつの背後にある認知のゆがみを自覚させ、合理的で自己擁護的な認知へと導くことを目的とする。対人関係療法も認知行動療法の要素を持つ。
電気けいれん療法 (ECT)
頭皮の上から電流を通電し、人工的にけいれんを起こす事で治療を行う。薬物療法が無効な場合や自殺の危険が切迫している場合などに行う。最近は麻酔を使用した苦痛の少ない方法がとられることが多くなり[10]、安全管理も慎重に行われるようになった[11]。前述の場合に有効性が高い治療法であると考える臨床家も多く[12]、保険診療でも認められている。その一方で、薬物療法など他の方法が功を奏さない場合に限るとするなど[13]慎重な適用を求めるものもいるほか、この治療そのものを勧めない精神科医もいる(電気けいれん療法#勧めない精神科医もいる参照)。
経頭蓋磁気刺激法 (TMS)
頭の外側から磁気パルスを当て、脳内に局所的な電流を生じさせることで脳機能の活性化を図るもの。保険は未承認。
その他、実験的段階にあるものや、限定的に行われる治療法として以下のようなものもある。

断眠療法
うつ病患者が夜間眠らないことでうつ症状が急速に改善するという治療法である。薬物治療への効果が乏しく、うつ状態が長く続いているような場合に施行される。

光療法
強い光(太陽光あるいは人工光)を浴びる治療法。過食や過眠のあることが多い、冬型の「季節性うつ病」(高緯度地方に多い冬季にうつになるタイプ)に効果が認められている。冬季うつ病の第一義的な治療法は光療法とされ、抗うつ剤よりも有効性が高いことが確認されている[14]。
また、光療法が非季節性のうつ病の治療に有効であることが実証された。光療法がうつ病に効果があるかどうかは古くから検討されてきたものの、有効、無効の両方の報告があり、有効であることの決定的な証拠はなかったが、最新の研究成果によりその有効性が実証されるに至っている。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ