家族 うつ病

家族がうつ病になったらあたなはどうしますか?

大抵の人はうつ病という病気が理解できないでしょう。

それは当然と言えばそうでしょう。

相手の言う言葉や態度を見て人を判断してしまうのは当たり前の事です。

しかしうつ病という病気と家族が向き合うにはうつ病を理解しなければいけません。

あたなはうつ病の家族に性格が弱いだけだと思ったことはありませんか?

もっと強くなればよいと思ったことはありませんか?

どうやらそういう事ではないようです。

脳内の神経伝達物質セロトニンの不調が原因だという事をご存知でしょうか。

どんなに強い人で私は大丈夫と言っても神経伝達物質のセロトニンが不調となれば正気ではいられないでしょう。

「結局もっと強くなりなさい」、「がんばりなさい」などという言葉は本人を焦らすだけで無意味というわけです。

もし家族のうつ病を治したいというならばセロトニンを補う食生活、適度な運動をさせる、薬の使用が一番の効果となるでしょう。

そして一番大事な心のケアも忘れてはなりません。

これは病院のカウセリングも良いですが家族であるならば本人の喜ぶ事も分かるはずです。

心が穏やかになるような話、笑顔になる話そんなものもよいかもしれません。

うつ病を本当に理解するというのはうつ病の様々な原因を知ることです。

その原因をひとつひとつ埋めることがまず家族ができる最大のケアであって言葉で説教をするものではありません。

その辺を気をつけうつ病の家族と付き合っていきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ