うつ病の治療

気分障害といわれるうつ病。

うつ病の治療法はどういうものなのでしょうか?

通常の病気と違うのは抗うつ剤などの薬物治療の他に休息や適度な運動、カウンセリングがあります。

逆に薬物治療だけでストレスを抱えていれば完治はしにくいでしょう。

心と体の健康を心がける事がうつ病の特徴ではないでしょうか。

薬はあくまでもそれを補佐してもらうものです。

うつ病の治療方法

治療は基本的に休息、薬物療法、精神療法の手順で行います。

1.まず最初にストレスを感じたら休息をとってください。

うつ病のほとんどはストレスから来ているという事はお分かりでしょう。

また食生活、適度な運動、規則正しい生活を心掛けてください。

2.薬物療法

現代社会では簡単には休息はとれません。

その結果体のバランスが崩れてしまい自分の気持ちだけでは及ばない事もあります。

そういった時は薬物治療で補佐してください。

風邪を引いてもこじらせると寝るだけで治すことは難しいですよね。

そういった時は風邪でも薬を使い休息をとりひどい時は点滴なども打ちます。

薬物療法もまた時として必要なのです。

3.精神療法

良く聞く療法ですがやはり同じ生活を繰り返すと再発することもあります。

精神的な観点から考え方、ストレスの逃がし方などのコツをつかんでいく事も大事です。

うつ病をよく知ることも大事です。

うつ病はストレスによりセロトニンが不足しやる気が損なわれうつ病となります。

それを補うために食事や薬物療法を使うこと、適度な運動、休息、規則正しい生活の改善がうつ病に良いという事など根本的な事を理解していく事が治療となります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ