抗うつ病について

うつ病と診断されると軽い場合は精神療法などをする所もありますが大抵抗うつ剤が処方されます。

抗うつ剤はうつ病の症状を緩和する薬剤です。

うつ病、うつ状態とは脳内における神経伝達物質モノアミンの代謝不全による脳の機能不全であり中でもセロトニンの代謝不全による脳の機能不全状態が主要な症状の進展に大きな関わりを持っていると考えられています。

その仮説に基づき、「うつ病」「うつ状態」の治療にはセロトニン代謝をコントロールするための薬物を第一選択的に用いているため抗うつ剤が用いられています。

効果は人それぞれですが抗うつ薬におけるうつ症状改善率は70〜80%程度と言われている。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ