うつ病の病状

うつ病の病状は重いものから軽いもので違う。

軽いうつ病と一時的なもので誰しも少しはあるものである。

重いものはそれが原因で職場や学校に行けない状態が続く。

さてうつ病の病状とはどういうものなのでしょうか。

基本的にうつ病の病状として代表的なものは

「抑うつ気分」と「興味・喜びの喪失」

と言われている。

精神症状と共に身体的な症状も生じる。

身体的な症状は、診断に先立って訴えられることもある。

具体的な症状

◇精神的な病状

人により微妙に病状は違いますが基本的には下記のようなことがあります。

・ぼーっとしてしまい口数が少なくなります。

・学校や会社などもゆううつな気分ですので行く気力が沸かないん。

・集中力がなくなり、運動神経や記憶力がなくなる。

・晴れない気分や空虚感、悲しい気持ちになる。

・何をしても楽しめなくなったり何かに興味を持てなくなったりします。

これら主要症状に加えて、「抑うつ気分」と類似した症状として、「自分には何の価値もないと感じる無価値感」、「自殺念慮・希死念慮」、「パニック障害」などがある。

◇身体的病状

身体的な病状としてはこちらです。

・頭が割れるような頭痛。

・不眠症などの睡眠障害。

消化器系の疾患で急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍。摂食障害に伴い、食欲不振と体重の減少あるいは過食による体重増加。

・全身の様々な部位の痛み(腰痛、頭痛など)。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] うつ病と診断されると軽い場合は精神療法などをする所もありますが大抵抗うつ剤が処方されます。 […]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ