うつ病の症状

うつ病の症状を簡単に言うと「抑うつ気分」、「興味・喜びの喪失」と言われている。

そういった症状は誰もが経験する症状であるがうつ病との分岐点はその状態が続き、職業・学業・家庭生活に支障をきたすまでになってしまうものである。

人間誰しもあるものであるが引き金は職場や学校、なんらかのストレスが要因であると考えられている。

症状の具体例

・抑うつ気分・・・気分の落ち込みや、何をしても晴れない嫌な気分、空虚感など。

・興味・喜びの喪失・・・何をしても興味がわかず楽しみを見出せないなど感情が麻痺した状態。

うつ病の症状を診断する時に上記の二つが重要視される。

またうつ病の上記の主要症状に加えて、「抑うつ気分」と類似した症状として、「自分には何の価値もないと感じる無価値感」、「自殺念慮・希死念慮」、「パニック障害」などもある。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ