季節性うつ病

季節性うつ病とは季節の変わり目などからうつ病に似た症状が出る病気です。

うつ病と同様に男性と比べると女性の発症率は高い。

特徴としては他の季節においては健康な状態でいるという事です。

一般的に冬の始まり、冬の終わりに治るといった方が多いようで別名「冬季うつ病」とも言われている。

倦怠感、気力の低下、過眠、過食などの症状が出る。

夏はまれですが夏に季節性うつ病を発症される方は食欲不信、不眠などが目立ちます。「夏季うつ病」

原因としてははっきりとしてはいませんが日照時間の変化などでメロトニン分泌が遅れたり、セロトニンが減る事により脳に障害が出るという事が考えられています。

しかし季節性うつ病の場合、精神的なストレスなどが原因でないためある意味では原因は、はっきりしている。

そのため夏にあって冬にないものを考えると日照不足という事に原因が考えられ日光浴などで症状は改善する事がある。

また光療法だけで十分な効果が得られない場合、抗うつ薬など薬物を用いられる。

現在では身体を暖かくすること、運動を行うこと有効であるとも考えれています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ