障害年金 うつ病

うつ病で障害年金は条件により受給が可能です。

厚生労働省が言う精神の障害とは、「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害」、「気分(感情)障害」(そううつ病)、「症状性を含む器質性精神障害」、「てんかん」、「知的障害(精神遅滞)」に区分する。

症状性を含む器質性精神障害、てんかんであって、もう想、幻覚等のあるものについては、「A 統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害並びに気分(感情)障害」に準じて取り扱う。

認定を受けるには以下の基準があります。

国民健康保険・厚生年金保険障害年金認定基準(改正後)

1級~3級とは障害の程度の区分けです。

1.統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害並びに気分(感情) 障害(そううつ病)

1級

1. 統合失調症によるものにあっては、高度の残遺状態又は高度の病状があるため高度の人格変化、思考障害、その他もう想・幻覚等の異常体験が著明なため、常時の介護が必要なもの。

2..そううつ病によるものにあっては、高度の気分、意欲・行動の障害及び高度の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、常時の介護が必要なもの。

2級 

1. 統合失調症によるものにあっては、残遺状態又は病状があるため人格変化、思考障害、その他もう想・幻覚等の異常体験があるため、日常生活が著しい制限を受けるもの。

2.そううつ病によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり又はひんぱんに繰り返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの。

3級

1. 統合失調症によるものにあっては、残遺状態又は病状があり、人格変化の程度は著しくないが、思考障害、その他もう想・幻覚等の異常体験があり、労働が制限を受けるもの。

2. そううつ病によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] 受給もしくは勤めていた人なら障害年金と言う方法で生活が可能な場合もあります。 […]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ